本文へスキップ

一閑張りと一貫張りは別のモノなんですよ!

一閑張りの由来から作り方まで詳しい解説
庶民の日常生活を支えた
柿渋と和紙のコラボレーション
一閑張り果物籠

一閑張り/一貫張りと呼ばれて人気があり、趣味の世界で広がりを見せているのは、竹籠に和紙を貼り、上から柿渋で仕上げた物です。
癒し系和風インテリアグッズとして人気があり、趣味で楽しむ方が増えていましたが、最近のハンドメイドブームから人気に火が付き、インスタ映えも手伝ってか、ネット上でも一閑張り関連の情報で溢れかえっています。
まさに一閑張りバブルっていっても過言ではない状況です。

一閑張りでgoogle検索すると,Pinterest,minne,mercari,iichi等が上位表示され、楽天、Yahoo!ショップ等の大手通販サイトでも、一閑張り製品の販売が活発に行なわれており、また、材料となる竹籠の販売も目立つようになりました。

最近では和紙の上から和柄の布、古布等を貼った買い物かごが主流となっているようで、中には和紙を貼らず、柿渋も塗布することなく、いきなり布を貼った物まで登場しています。
また、悪いことに籠バックを一閑張りだと勘違いされている方も多いようで、この流れが進んでいくと、一閑張りが本来の姿から異なった文化になりそうで、少々由々しき状況です。


一閑張り/一貫張りの由来と技法

一閑張り/一閑張り

①一閑張りと一貫張りは別物?

一閑張り/一貫張りの由来については諸説あります。中でも一番有力な説といわれているのが飛来一閑説ですが、様々な情報を集めて総合的に判断すると、どうやらこの説には疑問符が付く事が明らかになりました。元々、漆器の技法の一つに紙胎と呼ばれる技法があり、特に飛来一閑の物が優れていたので、一閑塗と呼ばれたようです。方や庶民生活から生まれた閑張りが、やがて一貫張りと呼ばれる様になり、同じ音から一閑張りとも呼ばれる様になったのではないでしょうか?

一閑張り/一貫張り

②閑張りから一貫張り

昔、一般家庭で、竹籠やザルに和紙を張り上から柿渋を塗った物を作って日常生活で使用していました。特に農閑期など閑な時に作る事から閑張りと呼ばれたようですが、そもそもが養蚕や製茶様に使用されていたものが、一般の日用品にも利用されるようになり、古くなったザルやカゴ等が再利用されました。まさにこれぞリサイクルですよね。
更にこれを繰り返す内に柿渋の力で強度が増していき、一貫目の重さにも耐えられるって事で一貫張りと呼ばれることになたようです。
その後、古くなった木製の家具等にも範囲が広がっていったようです。
ちなみに、夏目漱石の有名な小説「坊ちゃん」の中に、一閑張り机なるものが登場するように、特に四国で一貫張りとして広がった様です。また、江戸川乱歩の作品の中にも一閑張り机が登場します。
     

紙胎

③紙胎と張り抜きと一閑張り

中国の明からの渡来人飛来一閑が伝えた技法という説が有力ですが、そもそも以前から漆器の技法として紙胎はありました。木型に和紙を貼り重ね、上から漆を塗って仕上げる技法ですが、特に彼の技法が優れていたから茶道の千宗旦が愛用しhて一閑塗と呼ばれたようです。その後張り抜きと呼ばれる中野木型を抜く技法にも広がりを見せ一閑塗と張り抜きの二つの言葉が合わさって一閑張りと呼ばれるようになったと推測されます。柿渋は使用されず、現在広く一般的に一閑張りと呼ばれているものとは異なりますが、今でも漆器の世界では一閑張りといえば、この紙胎を指しています。また、現在でも飛来一閑の流れを汲む方が、京都でこの伝統的技法でモノ造りを続けておられますが、一閑張りとは呼ばれていないようです。
     
張り子の虎

④張り子/張りぼて

木枠や粘土を固めた物の上から和紙を貼り合わせ、胡紛に膠を加えた物を塗り重ねて下地とし、固めてから中を抜き、最後に彩色を施す技法で民芸品とか祭事などに利用されることが多くありました。
地方によっては一閑張りと呼ばれていますが、張り子の虎、達磨、起き上がりこぼし、お面などがあり、唐津くんちの曳山は一閑張りと呼ばれています。


一閑張り

⑤結論として

大きく捉えれば、和紙を張り重ねるという技法としては似ていると言えますが、一番の違いはその用途にあると思います。
②は柿渋を使った日用品
③は漆を使った茶器などの嗜好品
④は膠を使った民芸品

以上から、庶民文化である閑張りが一貫張りと呼ばれるようになり、そこに③の同じ音のいっかんばりが重なり合い、、いつしか一閑張りと呼ばれるようになったのだと考えるのが合理的ではないでしょうか。
これも飛来一閑のブランド力のなせる技でしょう。
現在、広く親しまれている柿渋を使用した一閑張りは、一貫張りと呼んだ方が良いかもしれませんね。それとも原点に帰って閑張りと呼ぶか、はたまた柿渋一閑張りと表現するのが正解かもしれません。
何事も時代の移り変わりにより変化してゆくものですが、今のような現状では難しい事ではありますが、今一度立ち止まり、日本の伝統文化を如何にして伝承し、発展させて行くべきかを考える時期に立たされていると思います。
縁あって、長年柿渋に携わり、「いっかんばり」にも見せられた者として、何らかの行動を起こさねばとの想いです。


このページの先頭へ



柿渋一閑張り/一貫張りの作り方

竹籠

①竹籠を用意

本来なら竹籠を編むところから始めたいところですが、まずは市販の竹籠を用意しましょう。最近では100円ショップでも手に入りますが、ネットでも数多く販売されています。凝った複雑なデザインの物は紙を貼り難いので、始めは平らなザルなどからがお勧めです。

   
竹籠

②和紙を貼る

使用する糊については特に拘る必要はありません。一般的な事務用や障子糊を水で薄めて使用しますが、木工用ボンドを少量混ぜて使用すれば強度がまして有効的です。


竹籠に和紙

③乾燥

接待和紙を貼り終えたら十分に乾燥させてください。乾燥が不十分で柿渋をぬると、乾いた部分と塗れた状態の部分で斑になりますので、注意が必要です。

柿渋液と一閑張り

④柿渋を塗る

十分に乾燥させたら、いよいよ柿渋を塗ります。一般的には刷毛を使いますが、カゴが小さくて塗り難い場合や、和紙が柔らかくて刷毛で塗ると毛羽が気になる場合には指につけて軽く叩き込む様にする技法もあります。使用する柿渋は無臭タイプをお勧めします。臭いのきついタイプは室内作業には不向きです。

一閑張り

⑤乾燥

乾燥させれば完成です。更に、ここから経時変化で徐々に発色していきますから、独特の色のうつろいを見るのも、一閑張りの楽しみ方の一つです。なお、光沢ですが、使用する和紙の材質などによって微妙に変わってきます。光沢がないなあと感じた時は食用油で仕上げるのも一つの方法です。また、冬の乾燥時にひび割れを起こす場合もありますが、そんな時も食用オイルのご使用をお勧めします。

カラー仕上げ一閑張り

⑥オリジナル性

上張りに墨で書かれた古文書を利用すると、墨の文字の色が柿渋と重なって独特の色合いになります。最初に一閑張りが人気になるきっかけは
この独特の雰囲気が要因でした。又、色紙を利用すれば、それぞれが独特のカラーに変化して楽しいですね。その他好みの絵柄の和紙を貼り付けたりしたオリジナルな作風創りが広がっていきました。最近では古布などの布を貼り付けた買い物かごが人気の様で、ネット上でも多く見られ、中にはこれが一閑張りだと勘違いされてる方もおられるようです。


このページの先頭へ


柿渋一閑張りと五感張り

  
五感張りミニボックス

五感張りとは?

柿渋一閑張りの歴史/文化/精神を大切に守り引き継ぎながらも、新しいモノ創りで世界を拡げて行くために、当に人間の五感で楽しめるモノ創りを五感張りとなずけました。例えば上からカラフルな布等を貼り付ければ現代風の作風になります。又一閑張りの竹籠の代わりにダンボール・厚紙を利用すればフランスの伝統的な民芸品であるカルトナージュ風の作品になります。急激なネット化が進み、アマゾンなどネット通販での買い物が増えていますが、今回のコロナ禍で今後益々急速に増加することが予想され、それにつれて不要なダンボール箱が身の周りにあふれかえることになります。それらを再利用して収納容器などを作ってエコな循環型社会の実現を体感しましょう。
ポリ袋の有料化など、脱プラ・断プラの流れが本格化し始めています。


一閑張りと五感張り

一閑&五感

柿渋一閑張りと五感張りをセットにして広げていく為にブランドを立ち上げました。それが一閑&五感です。一閑張りと五感張りの間に境界線はありません。伝統としての一閑張りの精神を大切にしながら時代に合った新しい想像の世界を拡げる為に、一閑&五感のブランドで世界観を広めてゆきたいとい思います。



最新情報

 
11月15日   大幅リニューアル
       
12月05日  更新

全国の一閑張り/一貫張り教室工房

一閑張り/一貫張りは全国的な広がりを見せています。

全国の一閑張り教室・工房を地域別に一覧表にしております。
お近くの教室、工房を探して一度体験されてはいかがでしょうか?

また、近隣でお探しの方に情報を発信するために、お知らせ頂ければと思います。

全国の一閑張り教室/工房はこちらからご確認ください。


一閑張り/一貫張りとは!?

一閑張り/一貫張りと五感張り作品集

一閑張り/一貫張り 一閑張り/一貫張り 一閑張り/一貫張り
一閑張り/一貫張り 一閑張り/一貫張り 一閑張り/一貫張り
一閑張り/一貫張り 一閑張り/一貫張り 一閑張り/一貫張り
一閑張り/一貫張り カゴと一閑張り カゴと一閑張り
一閑張り/一貫張り 一閑張り/一貫張り 一閑張り/一貫張り
五感張り 五感張りミニボックス 五感張りゴミ箱
  

このページの先頭へ

和紙について

和紙は一閑張りになくてはならない存在です。

全国の和紙産地一覧です。


岩手県 東山和紙 成島紙  
宮城県 白石和紙 柳生和紙 丸森紙
秋田県 十文字和紙
山形県 深山紙 高松和紙 長沢和紙
  築山和紙    
福島県 福島和紙 遠野和紙 上川崎和紙
  山舟生和紙 野老沢和紙 海老根和紙
茨城県 西ノ内和紙    
栃木県 程村紙 烏山和紙  
群馬県 桐生和紙    
埼玉県 小川和紙 細川紙  
山梨県 西嶋和紙 市川和紙  
東京都 軍道紙    
新潟県 小国和紙 越後和紙 小出紙
富山県 越中和紙 八尾和紙 五箇山紙
蛭谷紙    
石川県 二股和紙 加賀和紙 加賀雁皮紙
福井県 越前和紙 若狭和紙
長野県 内山紙 松崎和紙 立岩紙
岐阜県 美濃和紙 山中和紙 飛騨紙
静岡県 駿河紙 横野紙 駿河柚野紙
修善寺紙
愛知県 小原紙 森下紙
三重県 伊勢和紙 深野和紙
滋賀県 桐生紙 江州雁皮紙 揉唐紙
京都府 黒谷和紙 丹後和紙
大阪府 和泉和紙
兵庫県 杉原紙 名塩和紙
奈良県 國晒紙 吉野紙
和歌山県 保田紙 古沢紙 高野紙
鳥取県 因州和紙
島根県 石州和紙 出雲和紙 勝地和紙
岡山県 備中和紙 高尾和紙 津山箔合紙
横野和紙 神代和紙
広島県 大竹和紙 木野川紙
山口県 徳地和紙
徳島県 阿波和紙
愛媛県 伊予和紙 大洲和紙 周桑和紙
高知県 土佐和紙 大濱紙 土佐清澄紙
福岡県 八女和紙 筑後和紙
佐賀県 名尾和紙 重橋和紙 唐津和紙
熊本県 宮地和紙
大分県 竹田和紙 弥生和紙 佐伯紙
宮崎県 穂北和紙 美々津紙
鹿児島県 蒲生和紙
沖縄県 琉球紙 芭蕉紙 月桃紙

本粋無臭柿渋柿多冨のお求め

和紙と柿渋は必需品です。
柿渋をお求めなら完全無臭の本粋柿渋柿多冨がお勧めです。

お求めはこちらからどうぞ



このページの先頭へ   
  

運営会社:㈱柿渋プラネット
大阪市中央区本町4-7-16
06-6121-2804
info-breau@kakishiub-planet.co.jp


サイトTOP 



許可無く転写・複製・転記しないようにお願い致します。

 Copyright(C)柿渋プラネット All Rights Reserved