本文へスキップ

塗料としての柿渋/塗装方法

防水・防腐・補強材としての柿渋
人と地球に優しい
天然塗料としての柿渋
柿渋塗装

柿渋は化学物質を含まず、又化学物質を一切使用しませんので地球環境に優しい天然塗料と言えます。
日本の伝統的な塗料といえば漆が有名ですが、高価なために一般的な塗料とは言えず、庶民の間では昔から柿渋塗料が用いられてきました。
戦後はワニスやオイルペイントなどが一般的となり、殆ど使用されなくなってしまいましたが、最近では自然志向の住宅造りが脚光を浴び、天然素材の塗料として注目を集め始めていますが、特に天然内装材として人気があります。

尚、外装に使用する場合には、環境によってはメンテナンスが必要になってきますので、あまりお勧めしておりません。      

柿渋をお求めなら完全無臭の本粋柿渋柿多冨がお勧めです。

お求めはこちらからどうぞ


柿渋の塗り方/塗装方法

柿渋塗装貯金箱

①表面を整える

柿渋を塗る前に、まずは表面を綺麗にしてください。サンドペーパーを掛けるのが一般的です。表面が汚れていたり化学物質が付着していると上手く塗布できません。又、材質によっては油分があったり浸透性の悪い場合にも前処理をする必要が生じます。

無臭柿渋液

②柿渋液の濃度と回数

柿渋は液の濃度と津布回数によって色合いが変わってきますので、そのあたりを計算の上で設定ください。薄めれば薄めるほどに一回あたりの発色は薄くなりますので、その部回数を増やすことになります。広い面積で出来るだけ斑なく仕上げたい場合には、薄めて回数を重ねるのが一般的です。柿渋の使用料は材質などによっても異なりますが、原液1Lで10平米一回塗りが標準となっています。
     

柿渋色見本

③木目に沿って塗る

柿渋は木目に沿って一定の方向に塗ってください。
刷毛は水性塗料用のモノを使用して、使用後は速やかに水洗いをしてください。そのまま放置すると固まって使用できなくなります。
尚、布で刷り込むようにして塗ると多少光沢感が増すという説もあるようです。    
柿渋塗り

④布でふき取る

塗り終わった後で表面に気泡が出来たり、液が斑に残った場合には布で軽く引き取ってください。


柿渋木工品

⑤乾燥

後は自然乾燥させてください。
乾燥時間は季節や環境によって異なりますが、指で軽く触れて接着感がなければ、二回目の塗布を行なってください。
ただし、たっぷり時間を掛けて十二分に固着・発色させてから二回目に移るのが理想です。



柿渋の色と発色

柿渋色

①柿渋の色

柿渋はカキタンニンが酸化して発色する訳ですから基本色は茶系色で、それ以外の色はありません。そこで、それ以外の色を求める場合には顔料などを混合させて使用されてきました。最近では始めから着色したタイプが柿渋塗料として市販されています。更には化学塗料にカキタンニンを加えたものまで販売されていますが、さすがにこれは柿渋塗料とはいえないでしょう。

   
柿渋色見本

②柿渋の発色

使用する柿渋液の濃度と塗布回数及び経時変化で発色して濃くなってゆきます。塗布後すぐに発色はしませんので、塗り過ぎには注意が必要です。


ベンガラ塗

③着色塗装

古くから行なわれてきた塗装技法の一つにベンガラや松煙・煤などの顔料を使った塗装方法があります。

①柿渋に着色顔料を混ぜて使用する。
②乾燥後に塗膜を押える為に再度上から薄く柿渋を塗布する。
加える顔料の種類・割合いによって自由な着色が可能です。
ただし、顔料にも無機系と有機系があり、無機系の鉱物性の顔料は可能ですが、石化性の有機顔料は混ざりませんので、注意が必要です。

柿渋色古色

④古色仕上げ

古民家等の囲炉裏でいぶされた柱や簗を磨いたような仕上げになるのが古色仕上げと呼ばれています。使用する顔料は赤・黄・黒の三色と松煙で好みの色になるようにそれぞれの量を調整する。


内装材として

柿渋内装

天然素材柿渋

最近の健康住宅の普及から天然素材の内装材が各方面から注目を集めておりますが、天然素材の柿渋も人気が出始めています。
天井、簗、壁、腰板、床、フローリング、ドア、窓枠などなど様々な部分に使用されています。 特に内装材には無臭タイプが好評です。
臭いのあるタイプを内装に使用すると臭いが籠り、完全に抜けるには一か月程度が必要となってきます。
以前、新装オープンを控えた飲食店で、内装に使用した柿渋の臭いが抜けなくて、オープンが順延になったて、笑えないような話もありました。

柿渋内装材

柿渋の効果

柿渋はホルムアルデヒドを吸収し、ハウスシック症候群に効果があるという研究発表が発表されて随分時間も経ちました。又、最近では消臭効果、抗菌防臭効果も認められており、機能性内装材としても注目を集めています。



最新情報

 
11月18日 大幅リニューアル
       更新継続中  

柿渋塗装の注意点

十分に乾燥する前に水に塗らすこと。
十二分に固着すれば、水に溶け出すことはありませんが、長時間放置するとウオータースポットができる可能性があります。
紫外線によって劣化しますので、外装に使用する場場合にはメンテナンスが必要な場合があります。
直射日光に当たると発色が促進されますので、恒常的に日の当たる部分と当たらない部分で色差ができる場合があります。


塗料としての柿渋/柿渋塗装

柿渋塗装見本

柿渋塗装見本 柿渋塗見本 柿渋塗装木工品
柿渋塗装木工品 柿渋塗 柿渋塗り見本
一閑張り/一貫張り 柿渋塗りと柿渋液 柿渋塗りザル


柿渋のご購入

柿渋をお求めなら本粋無臭柿渋柿多冨がお勧めです。

お求めはこちらからどうぞ



運営会社:㈱柿渋プラネット
大阪市中央区本町4-7-16
06-6121-2804
info-breau@kakishiub-planet.co.jp


サイトTOP


許可無く転写・複製・転記しないようにお願い致します。

 Copyright(C)㈱柿渋プラネット All Rights Reserved